これはミルキィホームズ Advent Calendar 2017 の2日目の記事です。

昨日は私の記事私とミルキィホームズ、もしくはミルキィ1期1話の「つかみ」について でした。

ネタがないわけではないのですが、今の執筆者応募状況だと、僕が大量に記事を書かないといけないっぽいので、順当に1期2話の話をしようかと思います。

というわけで、「記事を書いてみたい」という方は今すぐコチラに登録を! → ミルキィホームズ Advent Calendar 2017

2話ってどんな話

トイズを失った結果、喧嘩がちになってしまったミルキィホームズが、かまぼこという猫を拾って来たことで元どおり仲良しになる、という話です。1話が「世界観を説明する話」だとすると、2話は「このシリーズがカオスギャグアニメであることを決定づける話」と言っていいと思います。

有名な「吸いましょう!」「ってなんでですかー」などのセリフが登場します。

床に落ちた「うまうま棒」のカスを吸う美少女探偵とかまじ意味わからないですし、投獄シーン(しかも今後定番になる)もありますし、見所(?)が多い、好きな回の一つです。

かまぼこについて

かまぼこはミルキィホームズの友情を取り戻すきっかけとして登場したこともあり、その後もしばしば「ミルキィホームズの友情の象徴」として描かれています。喧嘩する直前でかまぼこが何処かに行ってしまったり、逆に友情を取り戻す際に戻って来たりしています。その辺を踏まえて11話とか見ると泣けます。(初回視聴時は完全にやられた。何度も見ている今でもやばい)

探偵歌劇ミルキィホームズTD ではラット(かまぼこと中の人が同じ下野紘さん)が登場しない回に、かまぼこ役としてだけ声を当てる徹底ぶりでしたが、その回もミルキィホームズの友情フォーカスしたものでした。

その他2話の見所

以前、ミルキィホームズの設定の話という記事を書いたのですが、コーデリアがネロに対してキレるシーン、ちゃんと理由があるんですよ、という話。こちらも是非ご覧ください。

明日は 鈴朱(@suzuake) さんの記事です。お楽しみに!



blog comments powered by Disqus