背景とか雑談

つい最近、急にプレゼンしなきゃいけない機会がありました。今まで、僕はパワポとか OOo(Impress)とか使ってたのですが、たまには違うもの使ってみたいなー、とか思って色々見てたら、impress.js という、かっちょいい Web ベースのプレゼンツールがあることを知りました。

「でも、これどうやって作るんだろ?作るの大変そうだな。。。」と思っていろんな人のプレゼン資料見てみると、Markdown ファイルが置いてある。「ん?Markdown から生成できる物体があったりする?」とか思ってさらに調べると、markdown2impressと言うものを見つけました。

おぉ、これはすごい。まじグレイト。で、これ使って無事にプレゼン資料書きました。めでたしめでたし。。。だったのですが、使ってみて、もうちょっと機能追加したいなー、と思ったのでした。欲しかったのは下記。

  • 作成中の Markdown をウォッチして、保存されたら HTML 作り直す機能(plackup -R とか、jekyll –auto みたいなやつ)
  • ソースコードのシンタックスハイライト

んで、plackup のソースをパクりつつ、仕上げたのがこちら。最初何も考えずにパクっていたので、サーバプロセスじゃないのに、fork する恥ずかしいコード書いてたのは内緒だ。あ゛、内緒じゃなくなったw

で、「次にシンタックスハイライトやるかー」、と思って、google-code-prettyfyとか、いろいろ見てたんだけど、「ん?せっかくだから、Github Flavored Markdown サポートしたほうが良くね?」と思って調べてみると、Perl じゃ簡単にできない orz。詰んだw…

と、いうわけで、頑張って改造したソースは一旦捨てて、Ruby で書き直してみました。ちゃんとシンタックスハイライトもサポートしてるよ。めでたしめでたし。

使い方

まずはインストール!
rubygem を github から入れる方法、実は良く分かってないんだけど、こんな感じでやってみたら入ったっぽい。

$ git clone git@github.com:tsucchi/ruby-markdown2impress.git
$ cd ruby-markdown2impress
$ bundle
$ rake install

で、Markdown でプレゼンを書く

$ your-favorite-editor index.md

で、もう一個のターミナル(別タブでもなんでもいいけど)で、markdown2impress を実行

$ markdown2impress -r index.md

-r をつけとくと、.md が保存されたタイミングで index.html を再生成します。

あとはローカルでもいいし、github とか自分のブログサイトとか、好きな所にアップすれば良いと思います。

その他

せっかくなのでプレゼンも書いてみたよ!

後日談

Ruby の移植版が大体完成して、この記事書いてるときにもう一回調べ直したら、Perl で Github Flavored Markdown 扱う Markdentってモジュールあるじゃん、もっと早く気付けよオレ。。。まあ pygments というか、シンタックスハイライトの本処理は Ruby のほうが楽そうだったので良しとするか。。。



blog comments powered by Disqus