まーぶっちゃけあんまり見てないんですけどね。日本代表の試合をちょっとだけ見てた、とかそんなレベル。僕は自分自身がサッカー下手だし、最近はJリーグとか海外のサッカーも 全く見てないし、代表戦もごくごくたまに見る、くらいなので個別の戦術論とかそういう話はできないです。(やってもいいけど、面白い話はなんにもできない)

で、ワールドカップあんま関係ないのかもしれないけど、希望と予測を一緒にしてはいけない って事なんじゃないかなぁ、と思った。

今回の代表は海外のトップリーグのレギュラーもいたし、もしかしたら歴代最強なのかもしれないけど、冷静に考えたら、日本がヨーロッパとか南米のチームに勝った事なんて ほとんどないわけで、「歴代最強だから勝てる」、とか「本田とか長友とかいるから勝てる」とか完全におかしい。

日本がグループリーグを突破して、あわよくば上位、あるいは本田選手が言ってたみたいに優勝ってのもあり得ない話ではないけど、現実的にはとても厳しいはず。 (本田選手は当事者だから、目標として優勝を掲げるのは全然悪くない。むしろ凄い事だと思う。)

で、何が言いたいかというというと、希望と予測を一緒にしては行けない(大事な事なので2回書いた)。これ、開発してると良くあるんですよね。「多分上手く行くはず」「こうなってほしい」というのが 見積もりとかに反映されるとロクな事にならない。

という自戒をこめたどうでもいい話でした。



blog comments powered by Disqus