宇都宮の天馬といえば、我々ミルキアンの界隈では最高の餃子屋の一つ、というか、橘田さんが最高の餃子屋さんとして掲げていることであまりにも有名ですが、ミルキアン以外ではほとんど知られていないと思うので、ちゃんと記事を書こうと思います。

4/17 に宇都宮で最高に面白い映画がやっていたので、見に行ったのですが、映画だけのために宇都宮まで行くというのはちょっとさすがに微妙すぎるので、観光したりあれこれしてた一環で行ってきた次第です。

声優として、ミルキィホームズとして絶賛大活躍中の橘田いずみさんですが、大の餃子好きとしても知られており、餃子屋さんを紹介する本まで書いていたりします。それがコチラ(↓)

で、この中で「ナンバーワン」として紹介されているのが、宇都宮にある「天馬」というお店です。

宇都宮ちょっと遠いし、天馬は東武宇都宮から2駅ほどの江曽島というところなので、(本数があんまない)電車かバスか、車で行かないとなかなか厳しい感じの場所ではあるのですが、実際に行ってみたら最高に良かった。

外観はこんな感じで、普通の中華屋さんです。住宅地の真ん中にあります。

そして店内はこんな感じです。

大変落ち着いた雰囲気であります。(橘田さんが送ったものとか、橘田さんのファンの方が送ったグッズが所狭しと並んでします。それ以外は昔ながらの中華屋さんといった雰囲気です。)

メニューはこんな感じです。

リンゴとかカボチャとか、めっちゃ気になるのですが、まずはオーソオドックスなニンニクと干しエビの焼き餃子を1枚ずつ頼みました。それがコチラ(↓)

と、いうわけで、焼き加減の絶妙さが本当にすごくて、あれ何がどうなってるのか意味がわからなくて、本当にすごい。言葉になってないけど、いや言葉にならないんですよ。tweet した通りで、皮厚めなのに、焼き目はパリッとしてて、皮自体はちゃんとふっくらと火が通ってて、餡も絶妙な感じで、本当にすごいとしか言いようがない。レシピも相当ですよ、今回食べてないからわからないけど、普通リンゴ餃子作ろうとは思わないでしょ?

僕は自分も料理するし、餃子は結構好きなので、それなりに分かっているつもりで、例えば肉汁出したければスープと脂入れればどうにでもなるし、旨味が出したければいい肉使うとかダシ入れればいいとか、そういうのは分かるので、そういうのじゃない凄みがあって本当に凄いなぁ、と思ったのでした。

しかもコレ、1枚400円なので、たった800円なんですよ。「いや、2000円くらい取ってくれてもいいのよマジで」って思えるくらいのクォリティでした。

餃子食べただけで、「最高の体験だった」と思えることって、なかなか無いと思うのですが、少なくとも僕にはそう思えたので、宇都宮に行った際にちょっと時間があれば是非立ち寄って欲しいです。 ではでは。



blog comments powered by Disqus