こんにちは、最近 Reply 芸人と化している気がするミルキアンのおじさんです。

上記の続きみたいなお話なので、まだ読んでない方は読むと良いかもです。

Reply は ORM と組み合わせるとめっちゃ便利だし、組み合わせなくても普通に便利なのですが、一つ困った事がありました。

たとえば Otogiri と組み合わせて、DB からデータを引こうとすると、

% reply-service1
1> Select('detective', { id => 1 });
$res[1] = {
    id => 1,
    name => 'シャーロック・シェリンフォード',
    age => 15,
    toys => 'サイコキネシス',
	birthday => '3/31',
}

こういうデータが返って欲しいのに、実際に返ってくるのは

% reply-service1
1> Select('detective', { id => 1 });
$res[1] = {
    id => 1,
    name => "\x{30b7}\x{30e3}\x{30fc}\x{30ed}\x{30c3}\x{30af}\x{30fb}\x{30b7}\x{30a7}\x{30ea}\x{30f3}\x{30d5}\x{30a9}\x{30fc}\x{30c9}",
    age => 15,
    toys => "\x{30b5}\x{30a4}\x{30b3}\x{30ad}\x{30cd}\x{30b7}\x{30b9}",
	birthday => '3/31',
}

こんな感じの decode されたデータです。バイナリアンやスーパーハッカーの皆様ならこれを読む事も可能なのかもしれませんが、 いくら僕がシャロの事が大好きでも decode された文字列まではさすがに覚えていないし、シャロじゃなかったら覚える気にはなれないので結局読めません。

もちろん、

4> encode_utf8("\x{30b5}\x{30a4}\x{30b3}\x{30ad}\x{30cd}\x{30b7}\x{30b9}")
$res[3] = 'サイコキネシス'

こんな感じで、encode してあげれば読めますが、DBから返ってきた複数行の値とかだったりすると、つらいわけです。

そこで登場するのが、今回書いたプラグイン、Reply::Plugin::DataDumperAutoEncodeです。 標準プラグインの DataDumper の代わりに使います。ですので、コイツを CPAN からインストールして、.replyrc

[DataDumper]

と書いてある行を

[DataDumperAutoEncode]

と書き換えれば OK です。カジュアル!

使い方はこんな感じ。

tsucchi@surreal[590]$ reply
0> use Encode
1> decode_utf8('ほげ')
$res[0] = 'ほげ'

2> disable_auto_encode 
$res[1] = 0

3> decode_utf8('ほげ')
$res[2] = "\x{307b}\x{3052}"

4> enable_auto_encode 
$res[3] = '1'

5> decode_utf8('ほげ')
$res[4] = 'ほげ'

さっき ship した 0.02 からは disable_auto_encode/enable_auto_encode ってメソッドをつけたので、どうしても decode された文字列じゃないと満足できない あなたにもばっちりです。(謎)

めっちゃ簡単に説明すると、最初に提示した

% reply-service1
1> Select('detective', { id => 1 });
$res[1] = {
    id => 1,
    name => 'シャーロック・シェリンフォード',
    age => 15,
    toys => 'サイコキネシス',
	birthday => '3/31',
}

こういうデータを引っ張れるようになって、最高便利! ってことです。お試しあれ!



blog comments powered by Disqus